スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑

岡村孝雄 第8番



 詰パラ2002年10月号・短期大学。半期賞受賞。
スポンサーサイト
岡村孝雄 | TB(0) | comment(1) | page top↑
<<岡村孝雄 第9番 | ホーム | 岡村孝雄 第7番>>
コメント

盤面角一色図式、攻方持駒金銀八枚の二重初形条件。

まずは、攻方角の右下方向の効きを使うため、玉方角のマークを外す。これは形の急所。そうしておいてから、金銀の5連打。角打角合の裸玉図式でしばしば出現する「筋」に入っていることに気づくだろう。しかし、この金銀の打ちかたは、45金/45銀、46金/46銀、64金/63銀、54金/53金/52銀/54銀、43金/43銀……と、組み合わせが山のようにある。

解法としては、筋に入っているのだから「打ったものと仮定」してしまい、12手目の局面から逆算で誤りを潰していくのがスマートだ。
まず、11手目は43銀でないと、23玉と逃げられた時に34に効かない。また、持駒「金銀」を残しておかないと、43銀に21玉で詰まない。
次に9手目は54金でないと、34玉と逃げられた時に詰まない。54金なら44金と取れる。
7手目は63銀でないと、作意順の収束を詰ませられない(ただし、この時点で収束は分からないから、64金との選択肢を残したまま解図を進めるところだろう)。
5手目は、7手目に63銀と打つならば「金2銀3」、64金と打つならば「金3銀2」を残す打ちかたをする必要がある。
3手目は、上記の持駒の組み合わせを作るためには、45銀と捨てるしかない。45金~46銀という組み合わせで「金2銀3」を残そうとしても、56玉とかわされて逃れる。

12手経過した局面では「正しい打ちかた」の組み合わせは2通りしか残っていないのだ。5手目に46金・7手目に63銀を打った局面と、5手目に46銀・7手目に64金を打った局面。以降は、それを解いていく。
44金を背景に34銀不成、そして22銀と放り込む。33角と打ってからはどこかで見たことのある捌きだろう。そして、7手目は64金でなく63銀(52に効く)が正しかったということも判明する。
by: taka-o * 2007/08/11 05:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsumeshogi.blog81.fc2.com/tb.php/27-dc39b762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

作者別一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。