スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑

岡村孝雄 第7番



 2003年9月・おもちゃ箱「ドキドキストリート」。
スポンサーサイト
岡村孝雄 | TB(0) | comment(1) | page top↑
<<岡村孝雄 第8番 | ホーム | 岡村孝雄 第6番>>
コメント

加藤徹さんとのんびりお喋りしていた時にできた大道詰将棋で、「おもちゃ箱」にて出題していただいた。
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/dokidoki/d086.htm

本問は「香歩問題」と呼ばれる類型に属する。87馬と78飛の配置が目に付くところか。ともあれ、この類型の頻出手順を考えてみよう。
まず、初手から83桂不成、81玉、82歩、92玉、94香は、9筋に玉方の歩が無いから93歩合で望み薄だろう。
63桂不成、81玉、84香は、攻方の歩の枚数が1枚だから83歩合で足りなさそう。
ならば72歩、81玉、85香、84桂合、同香、83金合のはず……と、二段中合の順を進める。馬も働きだして本筋のようだが、これまた「お兄さん、惜しかったね」。どこで間違ったのだろう?

香歩問題には上記3つの有力手以外が正解という図も稀にあるが、本図の初手61銀成は珍しいと思う。さらに、6手進めて再び香歩問題の形に戻してから、ここで改めて72歩の筋に入るところがポイントだ。
単に初手72歩とどこが違うのかというと、25手目64馬の時に73合が利かない。つまり、最初の6手は伏線手だった、というわけ。

初手72歩という従来の手段が誘い手としてきれいに残ったし、正解手順に入っても4手目52飛合を確認しなければならなかったり、52金合を盤上に出現させたため18手目63合(角/桂/歩)の変化も新たに生じ、誘い手より若干読みづらい。
狙いの明確さと相まって、解図に挑戦された人とのコミュニケーションは巧くできたかなと思う。
by: taka-o * 2007/08/25 11:33 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsumeshogi.blog81.fc2.com/tb.php/26-4756871b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

作者別一覧

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。